写真の構図について

スポンサードリンク

基本を知るなら三角構図

構図はデジイチだけでなくコンデジでも大切なポイント。

写真技術の上達に必要不可欠な要素なので
基本だけはしっかり覚えておきましょう。

 

日の丸構図とは日本の国旗のように被写体を中央に置いて撮影する方法。
これでは写真が平凡になってしまうので
まずは三角構図を覚えましょう。

 

これは被写体と背景のバランスをつねに三角形に取る構図
風景写真の奥行きを表す時に効果的で安定感のある写真になります。

三角形の底辺を水平に保つことが注意点です。

横位置と縦位置での撮影シーン

遠方の風景を撮る時
基本はカメラを横位置にすることでワイド感がでます。

 

近距離の場合でも路地などを撮影する場合
狭さや奥行きを表現するには縦位置の方が臨場感を伝えられるでしょう。

  • 人物の場合は縦位置が効果的

コンデジを使う人で横位置しか構えない人がいますが
コンデジの軽快性を生かして自由にアングルを変えると
平凡な被写体も変化がついて面白い写真になることがあります。

 

高さと幅の基本的な使い分けさえ覚えておけば
あとは自由に縦横に構えて撮ってみましょう。

あえて逆三角形構図を撮ってみる

逆三角形構図は底辺が上に来るわけですから
写真の構図としては不安定ですね。

 

ですから緊迫感のある写真を撮りたい時など効果的です。
加えるならカメラ位置も斜めにすると、より迫力が出るでしょう。

 

人物を撮る時でも

  • 手前にアクセントを置き
  • 斜め後方の人物にピントを合わせる

と手前のアクセントがボケて人物を引き立てます。

 

また三角構図だけでなく
建造物を正面から撮影するスクエアな写真は三角構図以上の安定感がありますし
上級編になると3分割構図もあります。

 

気に入った被写体が見つかったら
ファインダー内のさまざまな位置に置いて撮影してみましょう。

スポンサードリンク


写真の構図について関連ページ

明るさを自由自在に調整する
写真に必要なのは光です。しかしレンズの性能が低いコンパクトデジカメでは光を取り込む量が少ないため内蔵のストロボを発光させてしまいます。こんなときデジイチのストロボだと発光させることなく写真を撮影することができます。
色味の調整と変化を楽しむ
色味の調整はホワイトバランスといいます。被写体の色を忠実に再現するための機能です。通常はオートで問題ありませんが逆光の時や意図的に色味を調節したいときにはこのホワイトバランスを調整することで違った表現の写真を撮影することができます。
ズームを上手に使う
カメラのズームを効果的に使うことで、より撮影する写真の幅が広がります。ズームはただ遠くの被写体を拡大するだけではありません。ズーム機能を効果的に使うことで写真に迫力を加えたり目で視ることができないような表現をすることができるようになります。
ピント合わせについて
デジイチの魅力のひとつがピント合わせです。これはオートフォーカスが基本のコンパクトデジカメでは味わえないデジイチならではの楽しみと言えるでしょう。ピントを被写体だけではなく別のところに合わせるなどするとそれだけで違った魅力のある写真が出来上がったりします。

トップページ 機能と特徴 撮影の基礎知識 レンズの知識 カメラ選び