色味の調整と変化を楽しむ

スポンサードリンク

ホワイトバランスはオートにしておけば大丈夫

ホワイトバランスとは光を受けた被写体の色を忠実に再現するための機能です。

光にはいろいろな違いがあり色を変化させます。

 

たとえば太陽光でも直射日光と日陰では大きく違いますし
白熱灯と蛍光灯でも違ってきます。

 

光による色の変化を色温度といい
撮像素子は光を電気信号に正確に変えるため
人の目より敏感に色を再現してしまうので
光の種類をきちんと指示してやることで正確な色を映し出します。

 

ホワイトバランスは色温度で設定を行います
この機能の名称にホワイトとつけたのは白の色変化がもっとも激しいから。

 

デジイチはホワイトバランスを任意で設定できますが
初心者はオートにしておけばいいでしょう。
屋外から室内に入り光の種類が変わっても
自動的にホワイトバランスを行なってくれます。

ホワイトバランスを意図的に変えてアートな写真を

色温度はK(ケルビン)で表されます。
太陽光のもっとも標準的な数値は5200K

 

この数値より低くなるほど青みがかかり
逆に高くなるほど赤みがかかります。

 

コンデジでもホワイトバランスはあり
太陽光や蛍光灯など撮影シーンによるモードに分かれていますが
デジイチは100K単位でホワイトバランスを変えられるのが大きな違い。

 

逆光を受けて波が光る川や海を撮る時など
意図的に色温度を高くすると赤みが強くなって黄金色に輝く写真になります。

 

状況に応じてホワイトバランスをいろいろ変えて試してみる
自分だけの表現方法を発見できるかもしれません。

スポンサードリンク


色味の調整と変化を楽しむ関連ページ

明るさを自由自在に調整する
写真に必要なのは光です。しかしレンズの性能が低いコンパクトデジカメでは光を取り込む量が少ないため内蔵のストロボを発光させてしまいます。こんなときデジイチのストロボだと発光させることなく写真を撮影することができます。
写真の構図について
写真構図と言うと専門的ですが知ってしまうと意外と簡単なもの。見ている風景を撮影する時、見た時の感動をそのまま写真にできないのはこの基本的な構図を知らないで撮影している事が原因だったりします。構図と言っても難しいことはありません。ポイントをおさえてこれから写真を撮影するときに活かしましょう。
ズームを上手に使う
カメラのズームを効果的に使うことで、より撮影する写真の幅が広がります。ズームはただ遠くの被写体を拡大するだけではありません。ズーム機能を効果的に使うことで写真に迫力を加えたり目で視ることができないような表現をすることができるようになります。
ピント合わせについて
デジイチの魅力のひとつがピント合わせです。これはオートフォーカスが基本のコンパクトデジカメでは味わえないデジイチならではの楽しみと言えるでしょう。ピントを被写体だけではなく別のところに合わせるなどするとそれだけで違った魅力のある写真が出来上がったりします。

トップページ 機能と特徴 撮影の基礎知識 レンズの知識 カメラ選び