明るさを自由自在に調整する

スポンサードリンク

暗い場所でもデジイチなら撮影可能

写真に必要なのは光

けれどレンズの性能が悪いコンデジでは少し暗いだけで
内蔵ストロボを発光させてしまいます。

 

自然な雰囲気を撮りたい時
ストロボの発光はとても邪魔。

 

こんな時デジイチならストロボを発光させることなく
ナチュラルな写真を撮ることができるのです。

  • 明るい高性能のレンズ
  • シャッタースピード
  • 絞り値
  • ISO感度

を組み合わせることで

暗い場所でも撮影者のイメージを忠実に再現します。

ISO感度を上げるほど明るい写真に

暗い場所で明るい写真を撮るもっとも簡単な方法は

  • ISO感度を上げること

このISO感度とはフィルムの明るさの規格が
そのままデジタルカメラに当てはめられています。

 

ISO感度を2倍にすればシャッタースピードも約2倍にできますし
絞り値も上げることができ暗い場所でもシャッターが切れるのです。

 

デジカメでは撮像素子の感度を高めて光を取り込むため
フィルムのように荒くならないことも利点。
撮像素子の大きいデジイチならなおさらのことです。

絞り値を変えて露出補正を行う

絞り値とはレンズの中にある絞り羽根がどのくらいの光を通す穴を作るかという数値です。

  • 穴が小さいほど写真全体がシャープになります
  • 大きいほどピントの面積は小さくなります

絞り値(F値と表記する場合もあり)の数値は
大きいほど穴の直径が小さく下るにつれて大きくなります。

 

Pモードでは絞り値とシャッタースピードを適正に算出しますが
ピントを合わせた位置によって

  • 露出アンダーになったりします
  • 露出オーバーになることもあります

そんな時はAモードにして絞り値を変え
意図的に露出補正を行えば適正露出の鮮やかな写真を撮ることができます。

スポンサードリンク


明るさを自由自在に調整する関連ページ

色味の調整と変化を楽しむ
色味の調整はホワイトバランスといいます。被写体の色を忠実に再現するための機能です。通常はオートで問題ありませんが逆光の時や意図的に色味を調節したいときにはこのホワイトバランスを調整することで違った表現の写真を撮影することができます。
写真の構図について
写真構図と言うと専門的ですが知ってしまうと意外と簡単なもの。見ている風景を撮影する時、見た時の感動をそのまま写真にできないのはこの基本的な構図を知らないで撮影している事が原因だったりします。構図と言っても難しいことはありません。ポイントをおさえてこれから写真を撮影するときに活かしましょう。
ズームを上手に使う
カメラのズームを効果的に使うことで、より撮影する写真の幅が広がります。ズームはただ遠くの被写体を拡大するだけではありません。ズーム機能を効果的に使うことで写真に迫力を加えたり目で視ることができないような表現をすることができるようになります。
ピント合わせについて
デジイチの魅力のひとつがピント合わせです。これはオートフォーカスが基本のコンパクトデジカメでは味わえないデジイチならではの楽しみと言えるでしょう。ピントを被写体だけではなく別のところに合わせるなどするとそれだけで違った魅力のある写真が出来上がったりします。

トップページ 機能と特徴 撮影の基礎知識 レンズの知識 カメラ選び